Dirac Processor スタンドアローンは、MacOS 10.14 以降のデバイスに対しデスクトップレベルでのオーディオ最適化を提供します。

Dirac Processor スタンドアローンを使用するには、Dirac Live® 3 アプリケーション (3.0.x) Dirac Processor スタンドアローン (1.5.x) 2 つのコンポーネントをダウンロード、インストールする必要があります。Dirac Live® 3 は測定とフィルター生成に使用し、Processor スタンドアローンは対応するフィルターを保存し、オーディオデータを処理します。

Dirac Live® 3 と Dirac Processor スタンドアローンのダウンロードとインストール

Dirac Live® 3 と Dirac Processor スタンドアローンは、こちらからダウンロードできます。ライセンス認証を行えるよう、PC がインターネットに接続されていることを確認してください。

ファイルを開いて、インストール手順に従ってください。

設定

  1. インストーラーを実行。
  2. PC を再起動。
  3. アプリケーションから DiracLiveProcessor を起動する。
  4. 必要に応じて Dirac アカウントにログインします。
  5. 初めてProcessor 画面を開いたときは何も表示されていません。この画面にはDirac Live® 3 でフィルターを作成した後でフィルターが登録されます。


  6. Dirac Live Processor で、[オプション] → [オーディオ設定] へと進み、使用するオーディオインターフェースを選択します。


  7. [Audio MIDI 設定] を開き、Dirac Virtual Audio Device がサウンドカードのリストにあることを確認します。


  8. サウンドを再生し、サウンド信号が Dirac Live Processor を通過していることを確認します。


以上で、これから測定を行い、最初のフィルターを作成する準備が整いました。

Dirac Live® 3 - クイックスタートガイド または Dirac Live® 3 - ユーザーマニュアル に進んでください。それでは音楽をお楽しみください!

トラブルシューティング

信号なし(No Signal)

[オプション] → [オーディオ設定]のダイアログボックスを開くと、信号が戻ってくるはずです。

Dirac Virtual Audio Device がシステムのオーディオ出力として選択されていることを確認してください。


Dirac Virtual Audio Device がデバイス選択に表示されていない

  1. ファインダーを開きます。
  2. [移動] → [フォルダへ移動] を選択します。
  3. /Library/Audio/Plug-Ins を貼り付けます。
    1. 「HAL」というフォルダがある場合は、デバイスを再起動してインストールが完了したことを確認し、再度 Dirac Virtual Audio Device の有無を確認してください。
    2. 「HAL」フォルダがない場合は、フォルダを作成し、Dirac Processor を再インストールしてください。その後「HAL」フォルダにdriver が表示されるかどうかを確認します。
  4. 上記でうまくいかず、「HAL」フォルダがある場合は、それを削除し、Processor を再度インストールしてデバイスを再起動してください。

Processor が動作していない

  1. 上記に示されている方法で Processor を有効にし、Processor が Mac からの信号を認識している(つまり、「No Signal」の警告が表示されていない)ことを確認します。
  2. Processor がまだ動作していない場合、[コントロールセンター] → [サウンド] または [Audio MIDI 設定] を開き、サウンド出力として希望する出力デバイスを選択します。
  3. ボリュームキーまたはスライダーで、出力デバイスの音量を上げます。ここで設定した音量レベルが、Processor で利用できる最大音量になります。


    例えば、Realtek USB2.0 Audio を希望する出力デバイスとします。[コントロールセンター] でこれを出力として選択し、ボリュームを 60% にします。Processor を起動すると (システム出力を Dirac Virtual Audio Device に切り替えて)、最大で 60% の音量しか出力できません。Realtek の出力を 100% にすると、Processor は最大で 100% の出力ができます。

  4. [コントロールセンター] → [サウンド] または [Audio MIDI 設定] で出力を Dirac Virtual Audio Device に戻し、プロセッサを再度有効にします。


  5. ボリュームキーまたはスライダーでお好みの音量に調節してください。

出力デバイスから Dirac Virtual Audio Deviceが消える

解決方法

macOS Core Audio を再起動すると、[デバイス選択] に Dirac Virtual Audio Device が表示されます。

  1. ターミナルを開く
  2. そこに sudo launchctl kickstart -k system/com.apple.audio.coreaudiod を貼り付けます。
    1. 新しい Mac を使っていて、このコマンドが認識されない場合は、次のコマンドを試してください。
      sudo launchctl stop com.apple.audio.coreaudiod && sudo launchctl start com.apple.audio.coreaudiod
  3. Dirac Virtual Audio Device が [デバイス選択] に表示されるようになります。