Dirac Live を正しく機能させるためには正しい初期設定が必要で,特に正しく測定することが重要です.(※メーカーのマニュアルと内容が異なる場合は,メーカーの指示に従ってください)


初期設定に必要なもの

□ インターネット接続環境

□ 初期設定用 PC (Dirac Live アプリケーションをインストールします)

□ 測定用マイク(購入したオーディオ機器に付属していなければ,別途購入する必要があります

□ 測定用マイクのキャリブレーションファイル(入手方法はメーカーにお問い合わせください)

□ マイクスタンド(別途購入)


マイクキャリブレーションファイルについて:

マイクキャリブレーションファイルは測定用マイクの特性が個別に記録されたもので,室内音響を正しく測定するために必要なものです.

マイクキャリブレーションファイルには 以下の 2種類があり,入手したファイルがどちらのものか確認してください.

  • 0 度のキャリブレーションファイル(測定マイクをスピーカーのある正面に向ける)
  • 90 度のキャリブレーションファイル(測定マイクを天井に向ける)

Dirac Live アプリケーションにロードしたマイクキャリブレーションファイルの種類により,測定時に測定用マイクを向ける方向が変わります.これを間違えると Dirac Live は正しく機能しません.


測定時のチェックリスト:

□(Windows) コントロールパネル > サウンド > 録音 > (マイク選択)> プロパティ >  レベル,詳細の設定を確認する.

□ 測定用マイクをマイクスタンドに装着する.

□ マイクキャリブレーションファイルをロードする.

□ 一番最初の測定ポイントは,一番よく聴く場所に座り,鼻の位置に正確にマイクを設置する.

□ マイクを向ける方向を確認する.

□ スピーカーとマイクの間にモノや人がいないようにする.

□ 測定はエアコンを切るなどして,できる限り静かな状態でおこなう.


ターゲットカーブについて

サウンドの好みは個々人によって異なります.自分にあったターゲットカーブを比較しながら探してみてください.



  • No labels